全ての商品: かんとうのはな

かんとうのはな

前橋は古くは厩橋(うまやばし)と呼ばれ、戦国時代は上杉・武田・北条の諸侯がしのぎを削る重要な拠点でした。

徳川家康は江戸北辺の守りの要として、上野国(現群馬県)を重要視し、関ヶ原の戦いの後、譜代の重臣であった酒井重忠に厩橋城を与えるに際し、「汝に関東の華をとらす」といったと伝えられています。

群馬県産米を100%使用。麹米に使用する白米は35%精米とし、心地よい旨みを感じながらもすっきりとした酸を味わえる食中向けの日本酒です。

4個の商品
  • かんとうのはな 吟醸
    通常価格
    ¥1,100から
    販売価格
    ¥1,100から
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • かんとうのはな 生酛 純米吟醸
    通常価格
    ¥1,400から
    販売価格
    ¥1,400から
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • かんとうのはな 純米吟醸
    通常価格
    ¥1,400から
    販売価格
    ¥1,400から
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • かんとうのはな 純米大吟醸
    通常価格
    ¥1,650から
    販売価格
    ¥1,650から
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ